×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

インフルエンザbとは

インフルエンザbというのはインフルエンザb型の事です。インフルエンザは種類があってインフルエンザa型、インフルエンザb型、インフルエンザc型といったように分けられています。この三種類のインフルエンザが一般的にかかりやすいインフルエンザとして今話題になっています。インフルエンザは種類によって感染源や流行の仕方が違っています。インフルエンザb型というのは人間にしかかからないインフルエンザのウイルスです。インフルエンザb型は、インフルエンザa型に比べると比較的大流行するという傾向はなくて、インフルエンザa型に比べるとインフルエンザb型の方が軽くすむといわれています。ですが、インフルエンザb型も、インフルエンザa型と同じように、二次感染で肺炎になったり気管支炎にかかったりと合併症になる可能性があります。ですからインフルエンザb型は幼児やお年寄りの場合には重症になる可能性もあるので注意しなくてはいけません。

インフルエンザb型の治療

インフルエンザb型にかかったかもしれないという症状があったときには、まず、発熱からだいたい6時間から18時間以上経過した頃にインフルエンザb型を診断できるキットがありますからそれを利用して診断をします。そして診断の結果インフルエンザb型にかかっているという診断結果が出た場合には薬をもらうのですがタミフルが今まではインフルエンザb型の特効薬として利用されてきましたが、異常行動が続いたために、10代ではタミフルをインフルエンザb型の治療に利用することは禁止されていますが、1歳以降の乳幼児と成人では、インフルエンザb型を発症してから48時間以内で本人がタミフルを使用することを了承した場合には、インフルエンザb型の治療にタミフルが使われることになります。ほとんどのインフルエンザb型の場合にはタミフルを飲んで安静にしていれば3−4日で症状が改善されて回復に向かうといわれています。インフルエンザb型の治療では抗生剤などは一切使わず発熱がなくなり症状が段々軽くなってくることで治療は終了です。

インフルエンザb型の症状

インフルエンザb型の症状について紹介したいと思います。まず、インフルエンザb型のウイルスが潜伏する期間というのは大体2−3日くらいだといわれていてインフルエンザb型にかかってから完治するまでには1週間くらいかかるといわれています。インフルエンザb型の症状では筋肉痛や関節痛、咳がでたりのどが痛くなったりといった症状が出ます。インフルエンザb型では熱はだいたい38度以上で手、高熱が3日ほど続くのが一般的です。インフルエンザb型とa型では症状の違いはほとんどありませんが、インフルエンザb型では子供がかかった場合には筋肉痛の症状があらわれたり、下痢をすることもあります。インフルエンザb型の症状はa型よりも軽い症状ですむともいわれていて、インフルエンザa型の方が重症になるといわれています。インフルエンザb型は子供やお年寄りがかかってしまうと重症になることもあり、合併症を起こすこともありますから注意しなくてはいけません。

Copyright © 2008 インフルエンザbに悩む前にいらしてください